33歳で資産3億円をつくった私の方法



33歳で、しかもたった1年で3億円もの資産を築き、現在月100万円の不労所得を得ているという、米公認会計士の資格を持つ方の本です。


この方も、資産形成の方法論の前に、やはり、その心構えを説いています。


お金持ちになるために必要なことは、「金持ちになる!!」と決断し、そうなることを強く想うことだと。


どのお金持ち本でも、共通して出てくるこのフレーズ。先のミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」でも出てきましたね。


絶対に金持ちになるときめているレベル(全身全霊をかけて)


重要なことと分かってても、なかなかできませんね〜。


そして、もうひとつ並んで重要なこと、実行すること。想うだけでは夢はかないません。失敗してもいいから実行すること。


投資や資産運用の話をすると、「お金が貯まってから」とか「今は投資に回せるお金はない」とか言う人が多いそうです。
それに対し著者は「あなたは部長になってから部長の訓練をするのですか?」と。部長になってから部長のスキルを身に着けるのでは遅すぎる。また、そのような視点の低い人は、そもそも部長になれないと、厳しいことを書いてます。


準備が出来てなくても、まず、走り出せ。
準備が出来るまで何もしない人は、結局いつまで経っても、行動を起こさない。走り出さなければ何も変わらない。耳の痛い話であります。


さて、方法論のほうですが、著者は不動産投資を薦めています。サラリーマンにこそ、うってつけの方法であると。なぜなら、サラリーマンの方が、銀行から融資を受けやすいから、そのお金で、投資用不動産を手に入れましょうと。


ただこれはやっぱり、普通のサラリーマンには、敷居が高いですよね〜。
ま〜こう考えてる時点で私は失格なんでしょうが.....


気を取り直して、つぎは、株と為替(FX)の薦めです。


これらの投資法に一つ共通項があります。判りますか?
レバレッジです。よーするに、どれも自己資本以上の取引が出来る点です。逆に言うと、レバレッジをうまく使いこなせないと、早く億万長者になるのは困難であると。


最後は起業です。起業すると、ほかのすべての投資の魅力が霞んでしまうぐらい楽しいそうです。本当でしょうか?私はこれもやったことないので理解できませんが、人には向き不向きがあるので、この中から、出来そうなのを選んでやればいいんではないでしょうか?


成功した人の本を読むのは楽しいです。本読んで、決意新たにがんばります!!

33歳で資産3億円をつくった私の方法

ランキング参加中です。応援お願いいたしますm(_ _)m

FXで富裕層の仲間入り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15585668

この記事へのトラックバック

【資産運用Q&A】3億円程度の資産運用
Excerpt: <Q> 資産運用についてのご相談です。 株式売却で税引き後3億程度の見込みがあるのですが、 3億円を資産運用した場合に、年間でどの程度の収益が確保できるものなのでしょうか?仕事漬けの..
Weblog: 海外投資アドバイザー 河合圭のオフショア投資ブログ
Tracked: 2014-08-24 04:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。