FXを始めるには?これだけは知っておきたいこと。

今はやりのFX。

さて、どうやって始めましょうか?

今回は、自分がFXを始めるにあたって、知らなかったこと、迷ったことなどを中心に書いていきます。

まず、取引業者を決めなければいけません。当たり前ですね。

が、これが意外と大変なんです。

株の証券会社が、会社によって、まちまちなのと一緒で、FXの取引業者も千差万別、いろいろあります。

おそらく、どこを選んでも、自分にベストマッチな所は無いかもしれません。どこで折り合いをつけるか。


あなたは、何を基準に業者を選びますか?

手数料の安さ、取引通貨の多さ、それとも安心できる業者か?
いやいやスワップの多さも捨てがたい、税金は?
スプレッドはどう?

比較しなけりゃならないことは山ほどあります。

あれもこれもでは、絶対にうまくいきません。
ポイントを押さえる必要があります。

一番大切なのは、自分の取引スタイルに合った業者を選ぶこと。

(もちろん、その業者が信頼できるというのが大前提ですが。)

二番目が税金です。


@自分の取引スタイルが短期か中長期か?

デイトレードを含め、短期であるならば、売買頻度が多くなり、一回あたりの利幅は小さいので、取引手数料は極力抑えなくてはなりません。
手数料は0円が理想です。

が、コストは手数料だけではありません。そうです、スプレッド。(スプレッドとは、買い手と売り手との間にある差額のこと。)

こいつが、隠れ手数料になるので、この幅も小さいに越したことはありません。

ドル円なら3銭、2銭という所もあるようです。
3銭ということは、1万通貨あたり300円の手数料と同じことです。

手数料だけ安くても、スプレッドの幅が大きくては意味がありませんので、必ず両方チェックする必要があります。


では、トレードスタイルが中長期の場合はどうでしょう?

中長期の方は、多くがFXの特徴でもある、スワップ狙いと思われます。
ならば当然スワップが多く付く業者の方が有利です。

売買頻度も多くはないでしょうから、何が何でも、手数料0円にこだわる必要はありません。もちろん安いにこしたことはありませんが。


A次に考慮すべきは税金です。

せっかく儲けがでたのに、税金でごっそり持っていかれたのでは悲しいですね。

ここで、大きく分けると、くりっく365か、それ以外か。

この2つの業者に大別されます。

詳しくは、後述しますが、簡単にいうと、くりっく365は、税金が大きく優遇されてるのです。

くりっく365では、一律20%であるのに対し、その他業者の場合最高50%も税金としてもって行かれてしまうのです。


もっとも、これは最高税率なので、最低は15%からです。これは、みなさんのもともとの所得とFXでの利益の大きさによって大きく違ってきます。

所得が330万円を超えるひとは、30%の税率が適用されるので、くりっく365のほうが得といえます。

ただし、ここで勘違いしないでください。

収入と所得はちがいます。

所得とは、稼いだ収入から、いろいろな控除を差し引いた残りの部分です。
社会保険料や配偶者控除、基礎控除といったもの、また自営のかたなら、必要経費など。

あなたの所得がいくらなのか?

取引業者を選ぶのに、こんなことまで、知ってなくてはならないのです。


さらにさらに、FXの場合、利益がいつ発生するかで、税金もちがってきてしまうので、いっそう訳がわかりません???

株やってるときに、利益がいつ発生するかなんて考えもしなかったので、
このへんもFXの解りにくいところかも知れません。

長くなるので、これは次回に譲ります。


もう一度言いますが、自分のスタイルに合わない業者では、うまくいきません。

みなさんも、自分に合う、いい業者を見つけてくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。