斎藤一人の絶対成功する千回の法則






まだまだ続きます、斎藤一人さんシリーズ。




この本もいい本ですよ〜。




全部紹介したいんですが、それなら本読んで下さればいいだけのことになっちゃうので.....




私の一番気に入ってる部分だけ紹介します。




人はそれぞれ心を持ってます。当たり前ですよね。
では、心の大きさは?




斎藤一人さんは心の大きさをコップ1杯程度と考えてるようです。




このコップには水が入ってますが、この水が、人間の心そのものだと思ってください。




その人の性格や人間性は、この水によって決まっているんのです。





清らかにすんだ水なのか、ドロドロに濁った水なのか。





で、ほとんどの人は、残念ながら濁っているそうです。
それは、気が付かないうちに自分やまわりの人が、濁った水を自分のコップに垂らしているからなんです。




その濁った水の正体は、「自分は本当にだめだな」「お金が無いな〜」「何をしてもうまくいかないな〜」と自分が声に出していった言葉や、まわりから自分に向けられた諦め、絶望、妬みなどのマイナスな言葉です。




こうしたマイナス思考の言葉にさらされると、心の水はどんどん濁っていきます。さらにこの濁った水を垂らされ続けると、当然濁った水がコップからあふれ出てきます。




このあふれ出た濁った水こそが、その人の人間そのものを表しているのです。




心のコップが濁った水で満たされている間は、決して幸せになれません。




幸せになるためには、この濁り水を澄んだ水に変えなければなりません。




では、どうすれば澄んだ水になるのでしょうか?




もうお分かりですよね。










あれ??分かりませんか???








ハイッそうです。







コップにきれいな水を垂らせばいいんです。








バカにしてるのか!とお叱りを受けそうですね(;^_^A アセアセ・・・





きれいな水とはきれいな言葉のことです。





「幸せだな〜」「豊かだな〜」「ありがたいな〜」といったプラスの言葉です。




言葉には言霊といって強いパワーがあります。それがマイナスであってもプラスであっても。




なのでプラスの言葉を呪文のように唱え、一滴一滴コップに垂らすのです。
そうすると、最初は濁った水が溢れてきますが、いずれ澄んだきれいな水でコップは満たされます。




じゃあ、何滴垂らせばきれいな水でコップは満たされるのでしょうか?




それが、この本のタイトル「絶対成功する千回の法則」の千回なのです。




これらのきれいな言葉を千回言ったころから、コップから溢れる水がやっと濁った水から、澄んだきれいな水に変わってきます。




このころから、さまざまなチャンスが、そりゃーもうアンタ、驚くほどやってきてしまうんだそうです!!




どうですか?




「ツイてる、ツイてる、ツイてる」
「幸せだなあ」
「豊かだなあ」
「ありがたいなあ」





これらの言葉を言ってるだけで、人生幸せになれるのなら、こんな素晴らしいことはありません。




以前も書きましたが、私は即実行に移しました。
だって、こんな簡単なことで、しかもなんのリスクもない、時間もかからない、もし実行して何の変化も無かったとしても、少なくとも損することなんて一つもないんですから。




やらなきゃ損、損といった感じです。




そして、実行してから、小さなことですが、確実にツイてると思えることが増えてきました。




最後に、これも一人さんの言葉です。




「あなたにすべてのよきことが雪崩のごとく起こりますように。」




最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
今日も一日お疲れ様です。
明日もいいことがありますように。
皆さまにも、いいことありますように。

ランキング参加中です。応援宜しくお願いします!m(_ _)m

皆様のお力をちょこっと分けていただけるとうれしいです。












変な人の書いたツイてる話〈PART2〉






昨日の続編です。
続編というか、ひとつの講演会の後半部分です。




これがまた、いいこと言ってるんですね。




いろんな話が、短編で入ってるんですけど、それぞれいい話です。




「天命」の話の中に、本当は、もっといい学校に入れるはずだった。
でも、入れてくれなかった。
そのときに、入れてくれない学校を「いい学校」とか言っちゃいけないんです。
入れてくれた学校が「いい学校」なんです。


「もっといい学校に行けたのに」というのはよくない。
あなたのことを入れなかったのでしょう。




あなたにとっての「いい学校」は入れてくれたところなのです。





これには、衝撃をうけました。




私は志望校に入れず、そのことは、けっこうコンプレックスとなって、頭の片隅に引っかかってたんですけど、これをCDで聴いた時にはショックでした。




斎藤一人さんという方は、私には思いもよらない視点から物事を考えることの出来る人なんだなーとつくづく思いました。




私が、その学校に入ったのは天命だったのだと。
おかげで素晴らしい出会いもありましたし。




下らないコンプレックスが一つ減りました。
一人さんのおかげです。感謝してます。




変な人の書いたツイてる話〈PART2〉




最後まで読んでくださり、ありがとうございます!
今日も一日お疲れ様です。
明日もいいことがありますように。
皆さまにも、いいことありますように。

ランキング参加中です。応援宜しくお願いします!m(_ _)m

ランキングがまたピーンチです!皆様のお力をちょこっと分けていただけるとうれしいです。









タグ:成功法則

変な人の書いたツイてる話




全国累積納税額日本一、銀座まるかん創業者の斎藤一人さんの本です。
内容は、講演会で話した内容をほぼそのまま本にしたものです。



本として読むと、内容がすかすかで、あっという間に読み終わってしまいます。



内容がすかすかというのは、内容が無い!といっているのでは無く、文字の絶対数が少ないと言う意味です。



さて、その内容ですが、極論すれば.....









いいですか?













「ツイてる、ツイてる」










と言いなさい!ということです。





えっ!!こんだけ!?





こんだけです。





ホントに?





ホントにです。




う〜ん、全然レビューになってませんね。




それ以外にも、正しいことより、楽しいことをやりなさいとか、なんでもプロになりましょうとか書いてありますが、この本のもっとも重要な部分は「ツイてる」ということです。




「ツイてる」と口に出して言うことで、「ツイてる」事が次から次へと起こるようになるんだそうです。




いろんな成功法則なる本を読みましたが、この本がもっともシンプルです。
なおかつ、即実行できるところがいいですね。




なんせ「ツイてる」って言うだけですから、もうこれ読んでからは、思いついたら「ツイてる、ツイてる」と念仏のようにとなえてます。




そうすると、なぜだかホントにツイてることが起こるようになりました。




小さなことですが、起こるようになったのか、ツイてることに気が付くようになったと言うか、よくわかりませんが、ツイてた!!と思ってたほうが、ツイてないと思うより、はるかに気分がいいということに気が付きました。




私は、今まで、どちらかと言うとツイてない人間だと思ってましたが、ツキとは、自ら呼び寄せるものだったんですね。知りませんでした。




ツキも類ともで、ツイてる人のところには、さらにツイてることが集まってくるらしいです。




この本にはCDがついています。



通勤中に車の中で繰り返し聴いてますが、その最大の効果は、車の運転中にマイナス思考なことをCDを聴くことによって、考えなくなったことです。



マイナス思考は、マイナスな事象を呼び込みます。CDを聴いてるというその行為そのものが、他ごとを考えないのでいいんですね。



今まで、運転中はBGMが常に流れてたんですが、これだといろんなことを考えてしまっているんです。



それも大概はいらんことばかり。
これではいかん!と。




なので、今は斎藤一人さんのいろんなCDをくりかえし車中で聴いてます。
聴いてると、不思議といい気分になれる素敵なCDです。




変な人の書いたツイてる話





最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
今日も一日お疲れ様です。
明日もいいことがありますように。
皆さまにも、いいことありますように。

ランキング参加中です。

皆様のお力をちょこっと分けていただけるとうれしいです。












タグ:成功法則

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。